使用できる予算を決めよう

>

景品があるとゲームが盛り上がる

複数の人に好まれる景品

いろんな年齢や性別の人が参加する二次会は、景品を準備するのが大変です。誰にでも好まれる景品を用意しなければいけません。
目玉商品は、商品券や旅行券などの金券が良いでしょう。
それなら、誰でも喜ぶと思います。
金券は使用できる期間が、決まっています。
ゲームに当たった人に、必ず使用期間を伝えてください。

またキッチン用品なども気、意外と喜ばれる景品です。
料理をする人はもちろん、苦手な人でも簡単に料理を作れるアイテムが良いでしょう。
雑貨屋さんなどで購入できますし、1個当たりの単価が安いです。
目玉用品を商品券にしたら、後はそのようなキッチン用品で調整しましょう。
みんなに好まれる景品を用意して、二次会を盛り上げてください。

たくさん用意した方が良い

景品を用意しても、数が少ないと行き渡る人と、行き渡らない人が出てしまいます。
景品が行き渡らなかった人は、おもしろくないでしょう。
できれば、みんなに景品が行くように準備してください。
お菓子などを用意すると、たくさん帰るのでおすすめです。
前もって景品を用意しておくのは良いですが、お菓子などの食品は賞味期限があることを忘れないでください。

早めに買いすぎると、賞味期限間近の食品を景品として、参加者に与えてしまいます。
食品は、当日の少し前に用意した方が良いでしょう。
クッキーやおせんべいなどは、比較的賞味期限が長いです。
ケーキやシュークリームなどの生菓子は、賞味期限が短いので二次会の景品には向いていません。


この記事をシェアする